読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒサスケの不器用なガンプラ作りと趣味の部屋

あまり上手くないですがガンプラ製作や関係ない物も作ったり興味がでたことなど載せています。

趣味丸出しのゲーム紹介~ゲームボーイ編

皆さんこんにちは。

今回は自分がやったことある又は知っている中で自分的ににおすすめなゲームボーイソフト紹介していきます。ただ自分の趣味丸出しなので合わない人には合わないと思います。

 

まずはRPGです

 

SDガンダム外伝ラクロアンヒーローズ

 

SDガンダム外伝のゲームソフトでナイトガンダムが主人公です。

アルガス騎士団とかのストーリーはなくてナイトガンダムメインの話です。

たぶん漫画の前半のストーリーだったと思います。

覚えているのはゲーム始めてすぐの町の近くにやたら強い敵が出てきた事とソーラレイっていう呪文が強かった事ぐらいです。システムは昔のドラクエみたいな感じだったと思います。

 

ポケットモンスターシリーズ

 

 

超有名なソフトです。ちなみに自分はコロコロコミック応募者全員サービスの青と2の金もってました。当時は文句なしに面白かったです。

大体の人は説明なしでもいいと思うので自分のポケモンに関係するどうでもいい話します。

裏ワザで151番目のミュウがでると友達が言っていて見せてもらうと見たこともないポケモンがいました。

「やり方おしえてよ」って頼んだら「お前にはおしえん」って言われました。

ちなみに他の人にはすんなり教えてました。なのでミュウもってないのは自分だけでした。

子供の頃から格差社会かよ(`(エ)´)

金の思い出はマチスって奴が強くてやめたことです。

変な話して申し訳ありません。

ソフトはすごくおすすめです。

 

メダロットシリーズ

 

1~5まででているようです。自分がしたことあるのは2までです。

コミックボンボンでマンガも連載されてました。

自分のまわりではやってもいなにのにポケモンのパクリやコミックボンボンの奴だからと不人気でしたたが自分的にはとても面白いソフトでした。

システムは自分でパーツを集めて好きなように組み合わせたロボットを戦わせるといった感じです。

パッケージに載っているメタビーロクショウって奴を中心にカッコイイデザインの奴が多くいます。

 

 

ロボットポンコッツ

 

このソフトも上のメダロットと一緒でコミックボンボンの奴でマンガも連載してました。

このソフトもポケモンのパクリって言われてました。

自分のまわりでは持っているだけで笑いものに(´_`。)

しかし自分的には面白かったです。

システムはロボポンには3種類いてアームはパーツを付け替えたり技が使えるソフトを交換したりできます。

ムーブがたしかパーツの付け替えができなくてソフトの付け替えができたと思います。

(反対だっけ?)そのかわりスピードが高かったと思います。

ブートはなにも改造できないけど防御が高かったと思います。

こんなかんじでただのポケモンのパクリってソフトではないです。

ただデザインが残念な奴らが結構います。(排泄物とか便器とか)

 

 

真・女神転生デビルチルドレン

 

もともと女神転生は悪魔を仲魔できるゲームですがこのソフトは悪魔のデザインが子供向けになってます。

仲魔した悪魔を合体してより強い悪魔を作ったりできます。

ソフトは黒の章と赤の章の2バージョンあります。それぞれ合体システムが違っていたような気がします。

難易度は簡単だったようなかいがします。

ちなみにマンガもあるんですがゲームよりシリアスでコミックボンボンベルセルクって言われてたと思います。

マンガもソフトも全然別物ですがどちらも面白くておすすめです。

 

次はアクションです。

 

星のカービィ

 

可愛い見た目なのに吸い込んだ敵の能力をコピーできるというチート生物が主人公です。

1はコピーができなかったようですが2からコピーができるようになってます。

コピーシステムがとっても面白かったです。

仲間もハムスターにフクロウにマンボウと3匹も出てきます。

あと自分的に音楽が良かったような気がします。

 

 

ワリオランド

 

悪そうなマリオのそっくりさんが主人公です。

基本的にはマリオと一緒だったよう気がしますがたしか突撃して攻撃できたような思い出があります。

マリオシリーズなので普通に面白かったです。

 

 

次はその他です

 

遊戯王デュエルモンスターズ

 

自分がやったことがあるのは1だけです。

子供の頃すごくはやっていてみんなもってました。

初回盤にはパスワード付?のカード3枚はいってました。

武藤遊戯くんが主人公でまだルールが複雑でないころのソフトです。

倒した相手からカードがもらえて強いカードは同じ相手を100回倒さないといけないという苦行があります。

しかし自分も友達もみんなやってました。

相当な時間をこのゲームについやしまたがとても面白かったです。

 

 

 

今回はコレで終わります。見てもらってありがとうございます。

また見てもらえると嬉しいです。